2月21日(火)、経済産業省(日本経済産業省)の査察官が、茨城県のサンライズ太陽光発電所の施設を訪問し、検査した。このプロジェクトは、クアンタムグループが日本で最初に開発したもので、2015年にそのPVプラントの許可、請負、および建設作業を開始しました。
建設フェーズ(メーテル、ACSグループが実施)以来、次のグリッド接続とそのPVプラントの試運転は、日本の当局が実施してきたすべての制御を成功裏に遂行し、すべての要件を順守しています。
METIの検査官が最後に行った訪問は、法定検査の最後であり、その成功裏の完了は、日本当局が要求するすべての基準を遵守して正しい建設および試運転を保証するものである。

サンライズの太陽光発電プラントは、CO2を吸収するために必要な約320ヘクタールの土地に植林された1,885,000本の木に相当する、28万2,000トンのCO2の大気中への排出を避けることが期待されています。