QUANTUM INNOVA、HOKOTA PVプラントのためのフォトメトリーと3D仮想技術を提供

Quantum Innova - Virtualisプログラムは、量子グループとメーテル(ACSグループ)が北海道(茨城県)で実行している太陽光発電プラントの建設段階で使用されています。その適用により、詳細な作業の監視、特に切断および充填量の制御、およびアクション領域の管理が可能になります。 建設フェーズ全体を通じてプログラムを適用することで、プロジェクト管理の効率化と資産管理の向上を図りながら、建設作業の進歩状況を把握することができます。 2020年10月までに北方工場が建設を開始しました。太陽光発電モジュールは8万台以上で、平均25,500…

QUANTUM INNOVA、ACCURA PROGRAMを日本で発表

クアンタムイノーバは、日本の茨城県にある異なる稲床のAccuraプログラムの下、精密農業活動を開始します。同社は、この分野での専門知識と経験を提供することで、製品の創出にもQuantum…

QUANTUM INNOVA、サンライズでの高度な写真撮影を開始

11月21日の最後の月曜日、Quantum Innovaの部門は、茨城県にある日本のサンライズ工場でO&Mタスクを開始しました。 このプラントは2016年3月1日に接続され、優れた結果を出しています。 Quantum…

QUANTUM GROUPは、ブラジルでの事業活動を行い

ラテンアメリカとカリブ海地域の量子グループチームは、10月24〜28日にブラジルのブラジル、リオネグロの農業・畜産地域で最も技術的に先進的な施設で、再生可能エネルギーソリューションを提供するために事業活動を行った…

QUANTUM GROUPは、再生可能エネルギーに関するARGENTINAのワークショップを実施しました。

10月14日金曜日、再生可能エネルギー業界のグローバル企業リーダーであるQuantum Groupが、再生可能エネルギー応用ソリューションに関する普及ワークショップを開催しました。 このワークショップはアルゼンチンの州当局と一般市民を対象としていました。 イベントはコリエンテス州の庁舎で行われました。…

QUANTUM POWER 日本で2番目の太陽光発電プラントに

茨城県の太陽エネルギーホコタ太陽光発電所は、茨城県の「森林開発」(林地開発)と北海道市の市町村承認(志戸陽子)の許可を得てついに建設工事を開始した。 太陽光発電所は21.53MWpであり、多結晶技術の81,270の太陽電池モジュール、ABB設備を備えた10の変換センター、20MVAの主変電所22…