Quantum Innova – Virtualisプログラムは、量子グループとメーテル(ACSグループ)が北海道(茨城県)で実行している太陽光発電プラントの建設段階で使用されています。その適用により、詳細な作業の監視、特に切断および充填量の制御、およびアクション領域の管理が可能になります。
建設フェーズ全体を通じてプログラムを適用することで、プロジェクト管理の効率化と資産管理の向上を図りながら、建設作業の進歩状況を把握することができます。
2020年10月までに北方工場が建設を開始しました。太陽光発電モジュールは8万台以上で、平均25,500 MWhの電力を発電し、17,500世帯のクリーンエネルギーを供給します。
Quantum Innova – Virtualisプログラムは、Quantum GroupとMaetel(ACS Group)によって開発、建設されたサンライズ太陽光発電所(茨城県)で以前に使用されており、上記と同様の利点があります。
Virtualisは、クアンタムグループがグローバルに構築している様々な太陽光発電所に導入され、このようにして同社の財務的投資家に大きな価値をもたらします。